卵のリスク分散とFXによるリスク回避

資産は、あまり一箇所に集中しない方が良いとされています。万が一の事態が起きると、色々大変だからです。ですから最近では、FXを検討している方も増えてきています。いわゆる分散投資を検討しているなら、FXの口座も開設しておくと良いでしょう。

リスクを低くするために卵を分散

資産運用に関しては、たまに卵とカゴの話が取り上げられる事があります。卵をカゴの中に入れて保管しておく訳ですが、あまり1つのカゴに卵を集中しない方が良いのです。
そもそも卵は、とても割れやすい性質があります。卵が落下すれば、当然割れてしまうでしょう。卵の持ち主としては、何とかして卵が割れるのは防ぎたいものです。
そこで複数のカゴに、卵を分散させる方法があります。例えば100個の卵があるなら、それを1つのカゴだけに集中させてしまうのは、ややリスクが大きくなるのです。もしもカゴが落下してしまうと、全ての卵が割れてしまうでしょう。
そうではなく、2つ以上のカゴに卵を分散させるやり方があります。例えば4つのカゴを用意して、それぞれに25個ずつ卵を入れるようにします。それで分散させれば、たとえカゴが1つだけ落下した時でも、25個だけ割れる程度で済むでしょう。

資産が激減してしまう可能性

ところで多くの方は、自分の資産の安全性に関する不安感を抱えています。銀行にお金を預けている方も多いですが、そもそも銀行は完全に安全であるとは断言できないでしょう。海外でも、大手の銀行の経営状況が危うくなっていることも実際あります。
たとえ銀行が安全でも、安心できません。そもそも円の価値が大きく下がってしまう可能性もあるでしょう。現在は100万円の価値がある現金でも、何らかの金融ショックなどが発生すれば、一気に資産が減ってしまう事もあるのです。実際、過去にはインフレなどの現象も発生しています。インフレになれば、資産価値は大きく減ってしまうでしょう。

FXによるインフレ対策

どうすれば上記のようなリスクを回避できるかと言うと、冒頭でも触れたFXがあるのです。FXは、いわゆる外貨商品になります。円をユーロなどの外貨に両替しておけば、ある程度はインフレリスクを低くする事ができます。インフレによって円の価値が下がれば、むしろ資産が増える可能性もあるのです。
つまり、自分の資産の一部を分散しておくわけです。卵が100個あるなら、その内の50個ほどユーロにしておくだけでも、かなりリスクを低くできます。FXは他の外貨商品よりも手数料が低いですし、前向きに検討している方も少なくありません。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です